手持ちの糸を並べてみました。
     いろいろ特徴があるので、選ぶ参考にどうぞ。
     選び方や使い方が人形スタンスですので、とても片寄っています。


 = = 絹糸 = = 

 「絹・9号糸」

 入手先 =手芸店
 お値段 =☆☆☆ 
 艶   =☆☆☆
 強度  =ほどほど

  「手縫い糸」「地縫い糸」などの表示
 カードに巻いてあるお品も同じ太さです。
 着物の手縫いや、ミシンでステッチ・
 厚物シルクに使います。
 摩擦に弱いので、長糸厳禁です。
 伸びはありません。


 板巻き9号絹糸

 メーカー・時代は様々
 100均のは長さが短いですよ。





 「絹・16号糸」

 入手先 =大きめの手芸店
 お値段 =☆☆☆ 
 艶   =☆☆☆
 強度  =ほどほど

 「穴糸」と表示。
 カードに巻いてあるお品も同じ太さです。
 ボタン付けや穴かがり、ミシンでステッチ
 摩擦に弱いので、長糸厳禁です。  






 板巻き絹穴糸





 「絹・50番ミシン糸」

 入手先 =手芸店
 お値段 =☆☆☆ 
 艶   =☆☆☆
 強度  =ほどほど

 ミシンで縫うときに。
 他の糸と同様の番手表示になります。  






 = ポリエステル糸 = 

 定番の「60番ミシン糸」

 入手先 =手芸店
 お値段 =☆☆ 
 艶   =☆☆
 強度  =なかなか

 「シャッペ」「スパン」などと表記
 ミシン縫い一般に
  生地と糸の素材を
  合わせるのがベストですが、
  生地を選ばずに使えます。



   


 「90番ミシン糸」

 入手先 =手芸店
 お値段 =☆☆ 
 艶   =☆☆
 強度  =なかなか

 60番手より細くなります。
 薄絹やロックにも使えます。
 人形者には使用頻度高いです。

 


    



「30番ミシン糸」

 入手先 =手芸店
 お値段 =☆☆ 
 艶   =☆☆
 強度  =なかなか

 色数が豊富で60.90と色が揃うので
 ボタン付けにも使っています。




    


 「30番ミシン糸レザー用」

 入手先 =革工芸材料店
 お値段 =☆☆ 
 艶   =☆☆
 強度  =強い
 ポリエステル製
 シャッペスバンよりも糸の寄りが強く
 伸びも良いようです。
 皮用のミシン針と組んで靴を縫います。
 ぬいぐるみなどを糸引きするときにも丈夫です。  





    
 「20番ミシン糸レザー用」

 入手先 =革工芸材料店
 お値段 =☆☆ 
 艶   =☆☆
 強度  =とっても強い

 30番よりも更に丈夫です。
 良くしごかないと縫っていて玉になります。


    


 「5番ミシン糸レザー用」

 入手先 =革工芸材料店
 お値段 =☆☆ 
 艶   =☆☆
 強度  =めちゃめちゃ強い

 20番よりも更に丈夫です。
 5番と20番、並べてみました。
 人間の靴のステッチ用だそうです。
 業務用ですが、革の指ぬきしないと
 引っ張ったとき指が切れます。


   


 「50番ファインミシン糸」

 入手先 =手芸店
 お値段 =☆☆ 
 艶   =☆☆☆
 強度  =強い

 「シルク形状糸」の名のように
 絹ミシン糸よりも安価で丈夫です。
  少し伸縮があるようです。




   


 「50番ディアルデューティーキルト糸」

 入手先 =手芸店
 お値段 =☆☆ 
 艶   =☆☆
 強度  =なかなか

 キルト売場に並ぶ手縫い糸です。
 伸びは「ファイン」と「シャッペスパン」
 の間くらい。
 ちょっと堅めです。





   


 「40番手縫い糸」

 入手先 =手芸店
 お値段 =☆☆ 
 艶   =☆☆
 強度  =ほどほど

 地縫い、裾くけなど。
 糸寄りが甘いので針の通りが良いです。  





     



 「20番手縫い糸」

 入手先 =手芸店
 お値段 =☆☆ 
 艶   =☆☆
 強度  =ほどほど

 (人間用)ボタン付け糸
 




   

 = ナイロン =

 「50番ナイロン糸」

 入手先 =手芸店
 お値段 =☆☆ 
 艶   =☆
 強度  =延びて丈夫

 ニット用ミシン糸
 ストレッチ素材やバイヤスに
  ゴムや靴下縫うとき用なの





     

 = 麻 =

 「太口」

 入手先 =革工芸材料店
 お値段 =☆☆ 
 艶   =☆☆
 強度  =めちゃめちゃ強い

 麻製
 革工芸用で、延びません。
 ボディの組立や
 ちっちやい革靴の紐に。
   

   「細口」

 革靴のボタン付けや

 キットボディの接ぎに
 隣の蝋引き極太コードは
 何に使おうかしら。




 





 = 木綿糸 =

 「50番木綿糸」

 入手先 =手芸店
 お値段 =☆ 
 艶   =☆
 強度  =ほどほど

 厚手のコットン生地に
 ステッチに
  伸びはほとんどありません




   



 「30番木綿手縫い糸」

 入手先 =手芸店
 お値段 =☆
 艶   =なし
 強度  =ほどほど

 地縫い、裾くけなど。
 おなじみのボタン付け糸。  





   

 「木綿しつけ糸」

 しろも・色もと呼ばれるしつけ糸です。
 いろいろな色があります。  


     
 「8番木綿糸」

 入手先 =大型手芸店
 お値段 =☆☆ 
 艶   =なし
 強度  =そこそこ

 木綿100パーセントでは1番太いです
 ベビーの間接を縛ったり、
 縫い絞りなどに良いです。



     
 太さ比較

 左から 木綿8番
 ポリエステル、5.20.30.50.60.90
 ・・・あんまり違いが
 良く解らなくてごめん



   
 = 刺繍糸 = 

 3番.5番.8番

 木綿ですが艶があります。
 テディの鼻と靴の縁かがり
 

   


  太さ比較

 左から 3番.5番・8番
 25番の6本組とそのうちの1本
 

  
 100%ウールの刺繍糸

 8番くらい?  

  


 ミニチュア針で編みました。

 糸が細いので作り目をするだけで
 糸が千切れてしまいます。
 ミニョネットや靴下に。

 
   



「レース糸 .60番」
 0号棒針で編みました。
 靴下に。





    


 「木綿刺繍糸」

 2本取りで0号編み針。
 糸切れもなくレース糸より
 柔らかくて良い感じ。







   


 「モヘア刺繍糸」

 1号編み針。
 糸切れするので、
 作り目は40目まで




   

  刺繍糸比較
 左からモヘア。

 ウール・綿・麻